認定こども園 はおとの森こども園

社会福祉法人 幸 なごみの里きららふぁみーゆplusはるアルモニー早瀬町
トップページ交通アクセス個人情報保護方針お問い合わせ
法人概要施設案内年間行事情報公開求人情報

認定こども園 はおとの森こども園

“みんな違って、みんないい”
木々の葉が風に吹かれて、触れ合い、重なり合い、いろんな“葉音(はおと)”を奏でるように、ひとり一人違った個性や可能性をもった子どもたちが集い、お互いに認め合い刺激し合って、未来に向けて大きく羽ばたいていくことを願い、“はおとの森こども園”と名づけました。子どもたちに関わる私たち職員も、子どもたちとともに一人の人として成長していきたいと考えています。

施設概要

名称 はおとの森こども園(保育所型認定こども園)
運営主体 社会福祉法人 幸 (姫路市大津区吉美780番地)
理事長 金治ゆかり
所在地 揖保郡太子町上太田923-1
連絡先 TEL. 079-276-6210
建物 延べ床面積: 1129.75㎡(内 こども園専用面積756.87㎡)
建物構造: 鉄骨造2階建て
園庭面積: 635.53㎡
定員 80名 (対象年齢 0歳児~5歳児)
開園年月日 平成28年4月1日
開園時間

7:00~18:00(日・祝・年末年始休園)

■教育標準時間認定
 8:30~16:30(土日祝、春季・夏季・冬季休暇あり)
 預り保育 平日14:30~18:00
■保育標準時間認定
 7:00~18:00(日祝、年末年始休園あり)
 延長保育 18:00~19:00
■保育短時間認定
 8:30~16:30(日祝、年末年始休園あり)
 延長保育 7:00~8:30、16:30~19:00

施設長 嘉ノ海 令子
職員の体制 施設長、副施設長、保育士、調理員、事務職員
嘱託医 内科医、歯科医、眼科医、耳鼻科医
設備 0、1、2歳児保育室 床暖房

保育理念

  • ひとり一人の違いや個性を認め合いながら共に育ち、共に学んでいく事ができる、インクルーシブ保育・教育を目指します。
  • 子どもひとり一人の発達に寄り添い、個々が持つ可能性を最大限に引き出し、生涯にわたる人格形成の基礎を培っていきます。
  • 地域の子育て支援拠点として積極的な事業展開を行い、地域に開かれた施設を目指します。

保育方針・目標

  1. “みんな違って、みんないい”を合言葉に、ひとり一人の個性や可能性が尊重される保育・教育を実践します。
    • 子どもたちがお互いの違いを認め合う中で、人と関わる力や思考力、豊かな感性、表現する力を育み、人格形成の基礎を培っていきます。
  2. 五感を総動員して、乳幼児期にしっかり“根っこ”を伸ばします。
    • 自然豊かな保育・教育環境の中で、見て、聴いて、触って、味わって、嗅いでみるなど、子どもの感性を豊かにし、太い幹となる“からだ”をつくっていきます。
    • よく遊び、よく食べ、よく眠るといったこどもらしい生活リズムをつくり、意欲的で好奇心旺盛な“こころ”を育てます。
  3. 遊びを通して、こどもの“わかった!”“できた!”を積み重ね、こどもの意欲や自尊感情を育んでいきます。
    • 保育者などと触れ合う中で、大人への信頼関係を築き、様々な年齢の子どもと遊ぶ中で交わる力やコミュニケーションの力を高めていきます。
  4. “四つの手立て”にしっかりと対応することで、インクルーシブ保育・教育を行います。
    • “子どもへの手立て”“友だち間への手立て”“クラスへの手立て”“環境への手立て”をしっかりと整えていくことで、インクルーシブ保育・教育を行なっていきます。
  5. 身近で気軽な相談場所として、育児や子どもの発達など、様々な相談に対応します。保護者の方が安心して子育てできるように、子育てに必要な保育・教育・福祉などの関係機関と連携し、子育て支援の情報発信基地を目指します。
    • 地域における子育ての支援拠点として、積極的に施設機能の地域展開を行います。世代間交流や中学生・高校生への保育体験、園庭解放、子育てに関する講座の開催など、地域に開かれた施設づくりを行います。

給食

・手づくりで、栄養のバランスを考えた給食を提供します。
・できるかぎり新鮮で旬の食材を利用します。
・アレルギー食への対応をします。(医師の除去食指示書を提出して下さい)
・離乳食は個々の成長に応じ対応します。
・粉ミルクの必要な乳児は、使用している粉ミルクをお知らせ下さい。
・献立表は、毎月の“園だより”をご覧ください。
 
≪全員給食を提供します!≫
給食費は以下のとおりです。保育料とともに徴収します。
 ○1号認定の子ども 給食費 月額5,400円
 ○2号認定の子ども 主食費 月額1,500円

スケジュール

当園は、児童発達支援センターとの複合施設というメリットを活かし、保育士だけではなく、臨床心理士、言語聴覚士等の専門職を配置し、チームで子ども一人一人の発達に寄り添いながら保育・教育を行います。さらに、外部講師ともに様々な体験ができるプログラムを提供し、子どもたちが五感を総動員して、活動できる環境を創っていきます。

保育時間

開園時間 7時~18時(延長保育19時まで)
休業日 日、祝日、年末年始(12月29日~1月4日)
 
教育標準時間認定部分 月~金曜日 8時30分~14時30分
登園時間8時30分~9時にお願いします。
休業日 土、日、祝日
春季休暇  3月27日~4月5日(10日間)
夏季休暇  8月7日 ~8月20日(14日間)
冬季休暇   12月26日~1月4日(10日間)
預かり保育 月~金曜日 14時30分~18時
長期休暇(土日祝は除く)8時30分~18時
預かり保育利用料 30分 100円
※預かり保育利用料は、保育料と一緒に徴収します。
※事前に預かり保育利用申込書を提出して下さい。
 
保育標準時間認定部分 月~土曜日 7時~18時
保育短時間認定部分 月~土曜日 8時30分~16時30分
休業日 日、祝日、年末年始(12月29日~1月4日)
延長保育 標準時間保育利用者/18時~19時
短時間保育利用者/7時~8時30分、16時30分~19時
延長保育利用料 標準時間保育利用者/月額3,000円
短時間保育利用者/月額3,500円
※延長保育利用料は、保育料と一緒に徴収します。
※事前に延長保育利用申し込み書を提出して下さい。
 
土曜日の保育について 土曜日保育を希望される方は、給食の食材調達の関係から、木曜日までに事務室あるいは担任までお知らせください。

登降園時のお願い

  • 登降園の際は、事故防止のため必ず保護者が付き添い、園の玄関に設置されている“ICカードタッチパネル”に子どものICカードをかざしてから入退室をお願いします。
  • いつもと違う方がお迎えに来られる場合は、あらかじめ担任にその旨をご連絡ください。ただし、兄姉のお迎えの場合は、高校生以上とさせていただきます。また、連絡無くお迎えの人が変わられた場合、安全確保のため保護者の確認をとってから引き渡しをすることになります。
  • 登降園の時間はいつも守り、特にお迎えの時間が遅れる場合は事前に必ずその旨を連絡するようにお願いします。(太子町の延長保育の規定に準じ、1分でもお迎えが遅れた場合は、延長保育の利用料が発生し、月額の料金を徴収することになりますので、ご注意ください)
  • 登園は、クラス保育のプログラム上、9時までに来るようにしてください。
  • 欠席する場合は、給食などの準備の都合がありますので、当日の9時までにご連絡ください。

お薬について

  • お薬については、誤飲などの事故を防止するためにも、できるだけ家庭で服用するようご協力をお願いします。医師の処方のもと、どうしても保育時間の中で服用する必要がある場合に限り、与薬依頼書とともに、1回分をお預かりします。(市販薬についてはお預かりできませんのでご了承ください)
  • 家庭での薬の服用、座薬、予防接種をされた場合はお知らせください。

身体測定・園医検診について

  • 身体測定は毎月行います。
  • 内科・歯科等の検診は、6月と2月に予定しています。

入園時(及び新年度当初)に準備する物

  0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 備 考
制服・上下 ※制服ポロシャツ、体操服等の予備については、各家庭で判断し、必要に応じて購入してください。

※持ち物には必ず名前をつけて下さい。
制服・ポロシャツ
(半袖、長袖)
帽子(合、夏)
通園リュック
体操服上下
スモック
カラー帽子
名札
手提げカバン
上履き
出席ノート
おたより帳、
おたよりケース、
集金袋
※家庭と園との連絡に使用します。おたよりケースに入れて毎朝担任の渡してください。
道具箱一式

 

 
  • 上記のものは、新年度までに購入(実費徴収)していただきます。費用は、別途新学期用品一覧表にてお知らせします。
  • 持ち物には、すべて名前を書いて下さい。
  • 子どもたちが自然と園での生活を楽しみにしたり、新しい出会いや活動にわくわくどきどき期待感をもって入園を心待ちにできるように、子どもたちと一緒に入園に向けた準備を少しずつ行うようにしていきましょう!

毎日必要な物

持ち物 0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 備 考
手提げカバン ※タオルは毎日持ってきてください。吊れるようにひもをつけること。
連絡帳
出席ノート 他
着替え 3組 3組 3組 1組 1組 1組
手拭きタオル
紙オムツ 数枚 数枚 数枚 必要に
応じて
※必要に応じて枚数を調整してください。
コップ
コップ入れ袋
※毎日持って帰ります。
歯ブラシ
口拭き用ミニタオル 3枚 3枚 1枚      
エプロン 3枚 3枚 3枚      
バスタオル             午睡用

  • 1、2歳児は担任と相談しながら、必要に応じて紙おむつ、トレーニングパンツ等の準備をお願いします。
  • 3~5歳児については、担任と相談し必要な着替えをご持参ください。
  • ミルクが必要な場合は、哺乳瓶をお持ちください。(園で預かります)
  • その他、必要な物については、随時ご連絡しますので確認をお願いします。

健康について

  • 熱があったり、具合が悪いときは、子どもにとって集団での保育が負担になります。通園前(毎朝)必ず、お子さんの健康状態の確認をお願いします。(特に、乳児は朝検温をお願いします。)
  • いつもと様子が異なる時は、必ず職員に伝えてください。
  • 下記のような症状が見られた場合、お迎えをお願いすることがあります。

次の感染症(学校保健法に準ずる)にかかった時は、医師の許可が下りるまでお休みし、しっかりと身体を休めましょう!
■インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日(鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ等を除く)を経過するまで
■百日咳 特有の咳が消失するまで
■麻疹(はしか) 解熱後3日を経過するまで
■流行性耳下腺炎
  (おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
■風疹 発疹が消失するまで
■水痘(みずぼうそう) すべての発疹が消失し、かさぶたになるまで
■咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状が消失した後2日を経過するまで
その他感染症疾患についても医療機関を受診し、医師の指示に従って対応してください。(溶連菌感染症、ウィルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑、ヘンパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症など)

保育料等の納入について

保育料 所得に応じて居住する市町村が決定した保育料
施設整備・環境維持費 月額800円
教育活動費 3歳児・・・月額1,500円
4歳児・・・月額3,000円
5歳児・・・月額3,500円
給食費 1号認定の子ども 月額5,400円
主食費 2号認定の子ども 月額1,500円
絵本代 全園児対象 月額420円
預かり保育利用料 預かり保育利用児
延長保育利用料 延長保育利用児
保護者会費 全園児対象 月額○○円(未定)
通園バス利用料 通園バス利用児
往復・・・月額4,000円、片道・・・月額2,000円
※上記費用については、口座引き落としとさせていただきます。
毎月の集金
上記費用以外の集金がある場合は、その都度集金袋にて集金致します。お金を袋に入れて、担任にお渡しください。(※なるべく、お釣りのないようにご協力お願いします。)

緊急連絡について

  • 子どもが怪我や病気などで緊急連絡をする場合があります。自宅電話や勤務先、携帯電話など、必ず連絡がつく緊急連絡先をお知らせください。
  • 子どもが登園している間は、常に連絡ができる体制をとっていただきますようにお願いします。
  • もし、保護者と連絡がつかない場合は、園医と相談の上で、緊急措置をとることがあります。

太陽光発電システムのご紹介

はおとの森こども園では、クリーンエネルギーの取り組みとして太陽光発電システム(20kw)を導入いたしました。

■詳細はコチラをご覧ください

 
ページの先頭へ戻る